LongRun

コンピュータ

LongRun

ろんぐらん

Transmetaが所有する省電力技術。

プロセッサ・レベルでの消費電力低減アルゴリズムで、アプリケーションに必要なパフォーマンスを見極め、Crusoeプロセッサ周波数と電圧をコントロールすることにより消費電力を連続的に変化させることによって省電力を達成する。

IntelSpeedstepとの違いは、消費電力の変化が段階的ではなく連続的であることである。

現在同社の主力CPUであるEfficeonにはさらなる省電力技術LongRun 2が搭載されている。またIBMsony東芝三者が開発している次世代CPU cellにもLongRun2は搭載される予定である。