スマートフォン用の表示で見る

Luke Vibert

音楽

Luke Vibert

るーくばいばーと
アーティスト
ミュージシャン

イングランド、コンウォール出身。

ドラムンベース(Plug・Amen Andrews)やブレイクビーツWagon Christ)、ディスコ(Kerrier District)、ジャズAce Of Clubs)、ハウスなど、名義によって多彩なサウンドを繰り出すナイスガイ。

レコード(またはCD)のリリース元レーベルは多岐にわたり、Mo’WaxNinja TuneWarpRephlexPlanet MuRising HighなどのU.K.90年代〜の主要テクノ/クラブレーベルを総なめしているほど。

代表作に、Luke Vibert名義「Big Soup」(Mo’Wax 97年)、Wagon Christ「Throbbing Pouch」(Rising High 94年)、Plug「Drum'n'Bass for Papa」(Blue Planet 96年)、Kerrier District「Kerrier District」(Rephlex 04年)Vibert/Simmonds 「Weirs」(Rephlex 知己のJeremy Simmondsとの合作 93年)など。

また、2000年にはスティルギター奏者BJ Coleとのコラボレーション作「Stop the Panic」などの異色作もリリースしている。