スマートフォン用の表示で見る

M-1グランプリ

アート

M-1グランプリ

えむわんぐらんぷり

M-1グランプリは、優勝賞金1000万円を目指して戦う、漫才トーナメント

吉本興業主催、オートバックス特別協賛、朝日放送制作、テレビ朝日系放送。大会実行委員長は島田紳助

応募資格はプロ・アマ・所属事務所問わず「結成10年以内」、審査基準は「とにかく面白い漫才」

2001年から2010年まで毎年12月に開催された。「漫才を全国に広め、若い才能を発掘する目標を達成できた」として2010年の大会を最後に終了した。後継番組として、「世界一のパフォーマーを決める」という「KAMIWAZA〜神芸〜」が2012年1月に放送。

大会の復活

2014年7月30日、朝日放送社長の脇阪聡史が、記者会見において「新生M-1グランプリ」と銘打ち、2015年夏に復活させることを明らかにした。朝日放送側から吉本興業に働きかけ、共催の形で実現させることにした。「プロ・アマを問わない」「準決勝からの敗者復活」の条件は踏襲しつつも、「インターネットSNSと融合させた新展開を考え、みんなで作り上げるM-1を模索したい」(脇阪社長)とした。