M-flo

音楽

m-flo

えむふろー

マジバンギングな音楽ユニット。かつて、beatmaniaIIDXにも、“flo-jack”、“been so long”が収録された。

リスト::アーティスト関連キーワード

プロフィール

VERBAL(主にラップ、作詞担当)、☆Taku(主にサウンド・プロデュース、作曲、プログラミング担当)、LISA(主にボーカルと作詞担当)の三人で結成されたユニット。
(☆Takuは☆Taku Takahashiや☆タカハシタクなどとも表記)

1999年7月、マキシシングル「the tripod e.p.」でメジャーデビュー。
2002年、ボーカルのLISAがソロ活動に専念するため脱退。
2003年〜2008年にかけて、毎回異なるゲストボーカルを迎えて音源を発表する「m-flo loves Who?」を掲げ、プロデュースユニットとしてのスタイルに転向。
2012年のアルバム『SQUERE ONE』以降は、ヒップホップドラムンベースといったお約束を踏まえつつもEDM色を強め、ゲストボーカルが参加していても誰なのかを伏せる展開で話題を呼ぶ。2014年の『FUTURE is WOW』では“m-flo+someone”としてゲスト名を公開。
2017年末にLISA再加入が公表され、12月31日にユニバーサル・スタジオ・ジャパンで行われたカウントダウンパーティーより、三人組としてのパフォーマンスが再開された*1

☆Takuは熱狂的なトレッキーとしても有名。

ディスコグラフィー

シングル

オリジナルアルバム

リミックスアルバム

ライブアルバム

ベストアルバム

企画アルバム

DVD/VHS

*1:ただし、『BEAT SPACE NINE』収録の「TRIPOD BABY」など、loves期においてもLISAがボーカルを務める曲はリリースされていた。

目次