スマートフォン用の表示で見る

M4シャーマン

一般

M4シャーマン

えむふぉーしゃーまん

M4シャーマンとは、第二次世界大戦中にアメリカ陸軍および海兵隊に使用された中戦車である。

武装 75mm砲 (37.5口径)or 76.2mm砲(52口径

12.7mmM2重機関銃×1 7.62mmM1919軽機関銃×2

全長5.84m(19フィート2インチ)

全幅2.62m

全高2.67m

車体重量30.3t

エンジンは航空機用のコンチネンタルR975エンジン

しかしM4A3よりフォードのGAA液冷?気筒エンジンに換装された

この車両が生産された1942年当時は、本車はすでに時代遅れであった

ドイツ軍の4号、5号戦車に対して1対1では全くの無力 たとえるなら銃の前のカモ

しかし後述する生産台数からも分かる通り、数で圧倒できた。 5対1など

本車は戦時中では最多の生産量を誇る(約5万台)

ちなみに戦後最多なのは、ソビエトのT55MBTである