スマートフォン用の表示で見る

MOTIF ES

コンピュータ

MOTIF ES

もちーふいーえす

ヤマハが2003年に発売したワークステーションシンセサイザー

音源部のスペックは

同時発音数128音(+プラグインボードの発音数)、トラック数16(+3)

波形ROM175Mバイト(16bitリニア換算時)

大きな特徴は

・エフェクトの充実

 システムエフェクト(リバーブx20タイプ、コーラスx49タイプ)

 インサーション2系統x8(116タイプを直列か並列で使用)

 マスターエフェクト(8タイプ)

 マスターイコライザ(5バンド)

 パートイコライザ(ステレオ3バンドx16パート分)

・1,787タイプのアルペジエーターという豊富なアルペジオ演奏機能

mLANオプションで拡張可能。対応機器との連携が可能

・豊富な拡張ボード。しかも本体の発音とは別で発音させるため、同時発音数を圧迫しない。