スマートフォン用の表示で見る

MR-S

一般

MR-S

えむあーるえす

MR2の後継車種。MR駆動のオープンカー。

バブルの影響もあり大パワー化、重量増加を起こしたSWとは違い、

AWのコンセプトであった「MR駆動のライトウェイトスポーツ」

をふたたび前面に押し出したものになっている。


セリカと同様にZZ型エンジンを搭載するが、セリカは2ZZ、MR-Sは1ZZと

若干仕様が違うエンジンを搭載している。

MR-Sの注目すべきポイントの1つとしてクラッチレス6MTが挙げられる。

クラッチの操作なし(アクセルとブレーキの2ペダル構成)でシフトアップ/ダウンが可能なシステムでありAT限定免許でも運転が可能とされる。


来る2007年7月末に製造が打ち切られることが決定した。

これにより、2012年のトヨタ86?(FT-86)発売まで、トヨタ自動車の国内向けラインナップからスポーツカーが消えることとなった。