Marion Raven

音楽

Marion Raven

まりおんれいぶん

ディスコグラフィー

 マリオン・レイヴンは、1984年5月25日生まれの現在20歳。ノルウェー首都オスロ郊外出身。1996年、幼なじみのマリー・ラーセンとのポップ・デュオ:M2Mとして、ノルウェーでデビュー。デビュー・アルバムがすぐさま大ヒットし、この成功が、彼女達をアメリカのアトランティック・レコーズとの契約に導いた。そして2000年2月にデビュー・アルバム『シェイズ・オブ・パープル』を、2002年にセカンド・アルバム『ビッグ・ルーム』を発売し、どちらもスマッシュ・ヒットを記録。
 その後、マリーとマリオンは、別々の道に進む事を選び、マリオンはアトランティック・レコーズとソロ契約を締結。ニューヨークマンハッタンに生活拠点をおき、念願のソロ・ミュージシャンとしての活動を開始した。
 このデビュー・アルバムの為に、彼女は自分でソングライティングを行い、そして演奏する、シンガー・ソング・ライターとしてのクリエイティビティを高めながら、豪華なプロデューサー陣/ゲスト・アーティスト達と共に、アルバムのレコーディング作業を進めていった。アルバム制作には、マックス・マーティン (ブリトニー・スピアーズセリーヌ・ディオン他をプロデュース)、スティーヴ・トンプソン(マドンナガンズ・アンド・ローゼズKORN他をプロデュース)等、現代のトップ・プロデューサー達が参加、デビュー・アルバムらしからぬ高い完成度の作品となった。もともとヴォーカリストとしての歌唱力・表現力に優れ、ピアノ/キーボード・プレイヤーとしてのテクニックは定評があったマリオンだが、ソロ活動と共に、ギタリストとしても実力を発揮。新人女性アーティストとしては異例とも言える、ギブソン・ギターのエンドースを受けるアーティストとなった。