Master Limited Partnership

社会

Master Limited Partnership

ますたーりみてっどぱーとなーしっ

MLP。取引所に上場しているlimited partnership。LPのもつ米租税法上のメリットと上場株式流動性を併せ持つ。

経営者(general partner)と投資家(limited partner)から成り、投資家は事業収益の一部を配当(distribution)として受け取る。配当は必ずしも現金で支払われる必要はなく、内部留保とすることができる。投資家は自分の持ち分を売却するときまで、内部留保となった配当に対する課税を先送りできる。

課税は個々のパートナーに対して行われ、MLP自体には法人税がかからない。通常の株式投資では会社の課税後所得から配当が支払われ、投資家は受け取った配当収入に課税されるため二重に課税されるが、MLP投資では課税は一度だけである。

ただしMLPはその収益の9割以上は利息配当収入、不動産賃料、天然資源、商品によるものでなければならない。原油天然ガスの採掘・輸送など安定収益が見込める事業を行っている会社が多い。