Memories Off #5 とぎれたフィルム

ゲーム

Memories Off #5 とぎれたフィルム

めおりーずおふふぁいぶとぎれたふ

2005年10月27日にKIDより発売されたメモリーズオフシリーズ正統第5弾。通称、「メモオフ5

Story

千羽谷大学の2年生「河合春人」は、

映画作りという夢を目指して、小さな映画サークルに所属している。

だが春人は今、その夢をあきらめかけていた。

原因は、親友であり、同じ夢を目指す仲間であった「日奈雄介」が

一年前に突然この世を去ったこと・・・・・・。

最高のライバルだった雄介がいなくなったことで、

春人は夢への情熱を見出せなくなっていた。

そんな春人の前に現れた、「仙堂麻尋」。

「一緒に映画を作ろう」

麻尋は、雄介が死んだときにその場に居合わせていた。

「彼が死んだのは私のせい」

雄介の妹で春人の後輩でもある、高校三年生の「日奈あすか」。

「仙堂麻尋が兄さんを殺した」

果たして麻尋と雄介の関係は?

麻尋が春人の前に現れた真意とは?

そして、あすかの言葉は真実なのか?

友の死。見失いつつある夢。

立ち止まったままの春人の胸にかけがいのない想いが宿るとき、

とぎれたフィルムは静かに回りだす。

そこには、どんな未来が映っているのだろう・・・・・・?

公式サイトより引用

主要登場人物/CV