スマートフォン用の表示で見る

Metasequoia

コンピュータ

Metasequoia

めたせこいあ

O.Mizno氏製作の、3DCGデータのモデリング専用ソフト。「メタセコイア」「メタセコ」などとも表記される。

シェアウェア版と無料版がある。

無料版ではMetasequoia専用のファイル形式(拡張子は.MQO)・3Dソフトで標準となっているファイル形式(拡張子は.DXF)の出力など、数種類の形式のデータが扱える。

シェアウェア版では、未登録状態ではMetasequoia専用ファイル形式(拡張子は.MQO)での読み書きのみ、登録するとそれ以外のメジャーな3Dソフト用ファイル形式の3Dデータ(.LWO .OBJ .3DSなど)の読み書き機能・モデリングプラグインなどが使えるようになる。

アマチュア・セミプロのみならず、ゲーム作成などのプロの現場でも、モデリング作業は動作が軽いMetasequoiaで済ませ、それ以降の作業を3dsMAXやLightwaveMayaなどの統合型3DCGソフトで行なうというスタイルが定着しつつある。

2005年4月現在でのシェアウェア登録費用は、5000円となっている。


MIKOTO