MyPaint

コンピュータ

MyPaint

まいぺいんと

MyPaintとは、オープンソースペインツールである。いわゆる「画像処理プログラム」ではなく、アナログ的な絵画の描画に主眼を置いている。そのため、現時点では選択領域やグラデーション、フィルターなどの機能が存在しない。*1

MyPaintはMicrosoft Windows,Mac OSX,Linuxをサポートしている。ライセンスGNU GPLv2である。

最初のバージョンの開発者はMartin Renold氏で、2004年から開発が始まり、2005年3月12日にリリースされた。

現在の公式サイトはhttp://mypaint.org/である。

特徴

  • 筆圧感知のペンタブレットを使ってアナログ風の滑らかな描画ができる。
  • カラーセレクターにおいて、ガマットマスク(色域マスク)を用いた色の制限が可能である。これによりアナログの画法を応用することができる。
  • OpenRasterファイル形式で規定された合成モードを忠実に再現している。
  • レイヤグループを使用することが可能
  • レイヤに対して外部プログラムを立ち上げ編集することができる。立ち上げられた外部プログラムで編集を終え、pngとして上書き保存*2すると、MyPaintのレイヤに編集が反映される。
  • キャンバスサイズは無限*3であり、ブラシでの描画に応じて自動的に拡張される。画像としてのサイズを既定するフレーム機能が存在する。

*1:将来的な実装はありうるらしい

*2gimpなど、プログラムによっては「エクスポート」のような機能を使う必要がある

*3:使用可能なメモリが限界