NHKマイルC からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

NHKマイルカップ

えぬえいちけいまいるかっぷ

日本中央競馬会JRA)が東京競馬場の芝1600mで5月前半に施行する中央競馬重賞GI)競走。

出走条件はサラブレッド系3歳牡馬・牝馬(国際)(指定)。負担重量は定量(牡馬57kg、牝馬55kg)。1着賞金は9200万円(2014年)。


1953年から1995年まで東京優駿日本ダービー)のトライアル競走として東京競馬場・芝2000mで施行されていたNHK杯が前身。1996年、東京競馬場・芝1600mを舞台にした4歳(現3歳)牡馬・牝馬限定、定量によるGI競走「NHKマイルカップ」として創設され、3歳馬によるチャンピオンマイラー決定戦の位置付けが与えられた。皐月賞東京優駿などのクラシック競走に外国産馬が出走できなかった時代は、同時に3歳外国産馬の最強馬決定戦でもあった(マル外ダービーと通称された時期もあったが、皐月賞東京優駿外国産馬・外国調教馬の出走枠が拡大されたため、その位置付けは失われている)。開催時期は何度か変更を経ているが、現在は第2回東京6日目のメインレースとして行われている。2007年の日本のパートI国昇格により、グレード表記がJpnIに変更されたのち、2009年に国際格付けのGIに改められた。

正式にではないが、桜花賞皐月賞優駿牝馬オークス)・東京優駿秋華賞菊花賞のいずれかと当レースを含めて、「変則三冠」と称される場合もある。過去にはタニノギムレットラインクラフトなどがこのローテーションを経験しているが、いまだに「変則三冠馬」の誕生はない。

トライアル競走としてニュージーランドトロフィーの3着以内馬に本競走への優先出走権が与えられる。その他のステップレースとして、皐月賞GI)、ファルコンステークスGIII)、毎日杯GIII)、アーリントンカップGIII)などが挙げられる。

また、地方所属馬はこの他にファルコンステークス桜花賞皐月賞で2着以内に入るか、マーガレットステークスで優勝した場合に出走資格(優先出走権ではない)が付与される。

本競走の上位馬・有力馬は、この後に東京優駿か、または距離適性を考慮して古馬相手の安田記念GI)に向かう。

歴代優勝馬一覧

回数施行日施行距離優勝馬性齢騎手
第1回1996年5月12日東京 芝1600タイキフォーチュン牡3柴田善臣
第2回1997年5月11日東京 芝1600シーキングザパール牝3武豊
第3回1998年5月17日東京 芝1600エルコンドルパサー牡3的場均
第4回1999年5月16日東京 芝1600シンボリインディ牡3横山典弘
第5回2000年5月7日東京 芝1600イーグルカフェ牡3岡部幸雄
第6回2001年5月6日東京 芝1600クロフネ牡3武豊
第7回2002年5月4日東京 芝1600テレグノシス牡3勝浦正樹
第8回2003年5月11日東京 芝1600ウインクリューガー牡3武幸四郎
第9回2004年5月9日東京 芝1600キングカメハメハ牡3安藤勝己
第10回2005年5月8日東京 芝1600ラインクラフト牝3福永祐一
第11回2006年5月7日東京 芝1600ロジック牡3武豊
第12回2007年5月6日東京 芝1600ピンクカメオ牝3内田博幸
第13回2008年5月11日東京 芝1600ディープスカイ牡3四位洋文
第14回2009年5月10日東京 芝1600ジョーカプチーノ牡3藤岡康太
第15回2010年5月9日東京 芝1600ダノンシャンティ牡3安藤勝己
第16回2011年5月8日東京 芝1600グランプリボス牡3クレイグ・ウィリアムズ
第17回2012年5月6日東京 芝1600カレンブラックヒル牡3秋山真一郎
第18回2013年5月5日東京 芝1600マイネルホウオウ牡3柴田大知
第19回2014年5月11日東京 芝1600ミッキーアイル牡3浜中俊
第20回2015年5月10日東京 芝1600クラリティスカイ牡3横山典弘
第21回2016年5月8日東京 芝1600メジャーエンブレム牝3クリストフ・ルメール
第22回2017年5月7日東京 芝1600アエロリット?牝3横山典弘