スマートフォン用の表示で見る

NHK紅白歌合戦

テレビ

NHK紅白歌合戦

えぬえいちけいこうはくうたがっせん

1945年開始の「紅白音楽試合」を前身として、1951年に開始。白組(男性軍)と紅組(女性軍)に分かれて競い合うという簡単な趣向。日本レコード大賞と並んで大晦日夜の恒例番組となっており、誰が何を歌うのか、審査員には誰が選ばれるのか、小林幸子はどんな衣裳になるのか、大きな関心がよせられる。

以前は、「出場できることが歌手の名誉」と考えられた時期もあったが、近年は視聴率が低下傾向にあり、1999年にアンチ紅白主義として知られている宇多田ヒカルがその出場を打診前に断ったことなどで明らかになった地位の低下が指摘されている。

2000年からは、BSデジタル(2003年からは地上デジタルも)においてデータ放送を使用して投票できる「紅白お茶の間審査員」を採用。

2002年には、脱演歌が図られ、童謡、民謡クラシックとジャンルからも歌手が選ばれた。

2004年は元チーフプロデューサーの制作費着服により、海老沢会長(当時)の去就にまで発展するなど紅白の番組運営がNHK全体への問題に波及。その為、出直し紅白として真価が問われた。その一環として世論調査の公表も行われた。

2005年は戦後60年にちなみ、視聴者からアンケート調査「スキウタ紅白みんなでアンケート〜」で聴きたい曲を募集。より幅広い年代に愛される紅白を掲げる。

ちなみに、2009年までの戦績は、紅組28勝白組32勝。2003年末時点では五分五分だった。2005年から2010年までは白組が連勝するなど、ひいき目な審査には昨今の問題になっている。

NHK紅白歌合戦におけるレギュラー出演者は和田アキ子TOKIOポルノグラフィティである。