日本放送協会 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

NHK

テレビ

NHK

えぬえいちけい

日本放送協会

Nippon Hoso Kyokaiの略。

英文名称として"Japan Broadcasting Corporation"も用いられる。

歴史

NHKの前身である東京放送局1925年3月22日に日本で最初のラジオ放送を開始。翌1926年には東京名古屋大阪の3つのラジオ局を統一して、社団法人日本放送協会設立された。

1950年放送法制定に伴い特殊法人化されると、NHKは全国津々浦々に放送網を敷くことを明確に義務付けられた。1953年2月1日にはテレビ放送を開始。現在ではNHK総合テレビジョンNHK教育テレビジョンNHK Eテレ)、NHK BS1NHK BSプレミアムNHKラジオ第1放送NHKラジオ第2放送NHK-FM放送、の計7つの波で放送を行っている。

サイマル放送中の地上デジタル衛星デジタル、また独自放送である日本国外向けの国際放送を含めると射出中の波の数は更に拡大する。)

2006年10月よりVICSと合同でデジタルラジオも開始予定。

組織

NHKの年間予算は6700億円、職員数およそ1万2千人。「関連団体」と呼ばれるグループ企業・団体は35を超え、グループ全体の社員は2万人を超えるといわれている。グループ全体での事業内容は放送に止まらず、出版・デジタルコンテンツ・教育・イベント企画・技術開発など多岐にわたり、NHKは単体としてもグループ全体としても名実ともに「世界最大の放送局」となっている。

現在NHK経営のトップである会長職にあるのは、松本正之氏(第20代会長・2011年1月〜)。

運営

NHK放送法によって設置することが規定されている特殊法人である。

放送法では、テレビ受信機を設置した者に受信料の支払いを義務付けており、NHKの運営はこの受信料収入と番組販売等の副次的収入によって行われ、国家予算などからの収入はない。国家や大資本からの金銭的影響力を背景としないこの運営方式は公共放送と呼ばれている。よって「国営放送」という表現は誤り。(採用面接で「国営放送」と言ってしまうと門前払いを食らうという噂があるが真偽は不明)

また、NHKの年間予算は放送法に基づき国会(総務委員会)の承認が毎年必要である。なお放送行政監督官庁総務省(旧郵政省)である。

その他

現在、NHK放送センター東京都渋谷区神南にあり、NHKホールが併設されている。周囲には明治神宮代々木公園代々木オリンピックプラザ(国立代々木競技場)、SHIBUYA-AXSHIBUYA BOXX、SHIBUYA@FUTURE?などがある。1973(昭和48)年に現在の地に移転するまでは千代田区内幸町が所在地だった。

NHK大阪放送局は、大阪市中央区大手前4丁目にある。NHK大阪ホール大阪歴史博物館が併設されている。官庁街であり、周囲には府庁、府警などが建っている。かつては馬場町に旧館が建っており、歴史的建築物としての評価もされていたのだが、老朽化のため、新館建設に伴い取り壊された。地方拠点局は他に、NHK札幌放送局NHK仙台放送局NHK名古屋放送局NHK広島放送局NHK松山放送局NHK福岡放送局がある。