NLt

若若茖

2篁

アート

NLT

えぬえるてぃー

1964年から始まったNLTの大まかな歴史です。

上演作一覧と併せてご覧ください。

NLTの歴史

--------------------------------------------------------------------------------

文学座を脱退した俳優、賀原夏子丹阿弥谷津子、中村伸朗、南美江らと、文芸演出部員、矢代静一、松浦竹夫らが顧問に岩田豊雄獅子文六)、三島由紀夫を迎え、グループNLTとして発足。主に三島由紀夫作品を中心に公演活動を開始する。

NLTとは『新文学座』の意のラテン語、Neo Litterature Theatreの頭文字からとったもので、岩田豊雄の命名による。

--------------------------------------------------------------------------------

賀原夏子を中心に、主にヴールヴァール劇(フランス語の風俗コメディ)を上演する『劇団NLT』として再発足。第1回公演は演出に飯沢匡、客演に黒柳徹子を迎え『マカロニ金融』を上演。この旗揚げ公演ともいえる作品で、芸術祭賞を受賞。以来、東京を中心に大阪名古屋などでも公演を行う。

これ以降、主義、主張にとらわれることなく、純粋に劇場性を優位に置いた“大人が素直に楽しめる演劇”をモットーに日本ではほとんど紹介されなかった、海外の上質な喜劇を上演し続けている。

--------------------------------------------------------------------------------

全国的に喜劇を要望する声が高まり、地方小都市も含む、公演活動を開始。客演に黒柳徹子中村メイコ北林谷栄小川真由美らを迎えた大型企画ともいえる喜劇により、多くの観客を獲得する。また、同時に都内小劇場を利用した、アトリエ公演も活発化、小空間ならではともいえる臨場感溢れる舞台づくりも進めている。

--------------------------------------------------------------------------------

創立者 賀原夏子死去。現在は賀原の唱えた、ヴールヴァール路線を発展させ、海外の秀作コメディーを中心に、広範囲なレパートリーを展開する。


--------------------------------------------------------------------------------

文化庁主催芸術祭賞を3度受賞。

現在までの上演作品は220以上。

演技部57名、研究生11名、文芸演出部・演出部7名、制作・事務局5名。

代表 川端槇ニ

東京都新宿区内に稽古場、事務所を置く。

--------------------------------------------------------------------------------

コンピュータ

NLT

えねえるてぃー

名古屋ライトニングトーク(Nagoya style Lightning Talks)の略称。

一般的に、LTは5〜10分間の限られた時間で自分が話したいことを稲妻のように話すことを指すが、名古屋の場合はLTにも関わらず30分程度長く話す場合があり、これをNLTと呼ぶ。単にLT(Long Talks)と言われることも多く、注意が必要である。

メリット

LTから始めた人がもっと長い時間枠での講演を行う場合への登竜門となる。

デメリット

勉強会全体のスケジュールを巻く結果になってしまう。懇親会の予約に間に合わせるため、会場の撤収をカップラーメンの時間オーダーで行う結果になる。