スマートフォン用の表示で見る

OORUTAICHI

音楽

OORUTAICHI

おおるたいち

大阪のクラブイベントを中心に活動。早くからその才能に惚れ込み、自らデモCD-Rを作って

配り歩くなどオオルタイチ布教の種を蒔いたイルリメをはじめ、ボアダムス山塚アイ

クレイジーケンバンド横山剣Shiro The Goodman岸野雄一松本亀吉……といった濃ゆい

面々が彼にラブコールを贈っていることからも、その〈あり得なさ〉はご察しいただけよう。

「ごく初期はレジデンツとかパズルパンクスとかみたいな感じで、多重録音して

面白がってたんですけど、たまたまダンスホールを聴いて、なんじゃこ りゃ?! と衝撃を受けて。

感覚がズレてるっちゅうか、そのダサさ加減に衝撃を受けて。訛り方がアホっぽいし、

ダンスホールのMCって変な擬音語というか、合いの手みたいなのが多いじゃないですか。

その節回しが笑けるなーと思って、これって民族音楽や!と」

 

そんな独自のフィルターでダンスホールはもとよりテクノブレイクビーツジャズ

エレクトロ、祭囃子……など多彩な要素を散りばめたトラックに、意味よりも語感や

イントネーションの気持ち良さを追求した、何語でもないメロディを乗せて歌う。

それはいわば、オオルタイチ共和国の祝祭の音楽。カラダ中の細胞が思わずダンスし始める、

ヤバイくらいハッピーなドーパミン・ミュージックなのだ。