ウォール街を占拠せよ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

社会

Occupy Wall Street

おきゅぱいうぉーるすとりーと

2011年9月中旬頃から、アメリカ合衆国ニューヨークウォール街を中心に行われている、経済界、政界に対する抗議活動の名称または合言葉。

日本語で「ウォール街を占拠せよ

発端

※(以下「Occupy Wall Street」は「OWS」と表記)

  • 2011年6月9日、消費主義に批判的なカナダの雑誌『アドバスターズ』が、「occupywallstreet.org」というドメイン名を登録。
  • 2011年7月、アドバスターズの創始者であるカレ・ラースンが、金融界の象徴ともいえるウォール街でのデモ活動を呼びかけるためウェブサイトを開設し、TwitterSNSサイトを通じて広められた。

経過

2011年9月

  • 9月17日(OWS初日)、デモの趣旨に賛同した若者を中心に約1000人程の集団が、ウォール街近辺のズコッティ公園にて集会を開き、ウォール街を行進したり、座りこみを行うなどの抗議活動を行った。これに対してニューヨーク市警察はデモ隊を排除するため、抑え込みを図り、19日までに7名を逮捕した。その後、警察の規制が入り、規模は縮小したがデモそのものは継続していった。
  • 9月24日(OWS8日目)、主要メディアがデモ活動を報道するようになったことで、全米各地から参加者が集まり、30日までには金融だけでなく、警察や劣悪な労働環境を批判する者も加わり数千人が集結した。以降、デモはウォール街にとどまらず全米各地に飛び火していった。

2011年10月

  • 10月1日(OWS15日目)、5,000人以上の参加者がブルックリン橋に向かって行進し、1000名近くが橋の歩行者道と車道を行進した。これにより、橋の一般通行が2時間以上止まったことで、400名以上が逮捕された。(CNN.co.jp
  • 10月3日(OWS17日目)、ニューヨークの参加者数百名が顔を塗装し、偽のドル札を持つ「企業ゾンビ」に変装して、「ゾンビウォーク」でウォール街を行進した。(no title
  • 10月5日(OWS19日目)、マンハッタン南部のフォーリー・スクエアに、最大規模となる数千人から1万人近くの参加者が集まり、ズコッティ公園に向かって行進した。( / WSJ日本版 - jp.WSJ.com - Wsj.com
  • 10月6日(OWS20日目)、オバマ大統領は一連のデモ活動に対して一定の理解を示しているものの、「成長のためには強力で効率的な金融部門が必要だ」と金融業界を擁護する発言をしている。(CNN.co.jp