スマートフォン用の表示で見る

P-MODEL

音楽

P-MODEL

ぴーもでる

1979年プログレッシヴ・ロック・バンドであった「マンドレイク」を母体に

平沢進がリーダーとなって結成。

ワーナーミュージックよりデビューする。

その斬新 かつPOPなサウンドがテクノポップ・ブームの口火となり一世を風靡する。

ヒカシュープラスチックスと共に「テクノ御三家」と俗称され、

日本のテクノポップ/ニューウェイヴ・ムーヴメントを牽引する存在となる。

加熱するブームの危機にP-MODELテクノから路線を変える。

だが、1988年にP-MODELは解散。しかし、1991年から1993年、1995年から2000年まで活動再開する。

そのためメンバー・チェンジを激しく繰り返し、

ずっとP-MODELであり続けるメンバーは、平沢進ただひとり。

結成20周年目には、

「音楽産業廃棄物P-MODEL OR DIE」と銘うったプロジェクトを掲げ、

ネットワーク配信を はじめとする新たな音楽産業の在り方を呈示した。

その為自ら所属していたレコード会社日本コロムビアを脱退した。

2004年には平沢のみで「核P-MODEL」と名乗り、不定期に活動している。