スマートフォン用の表示で見る

PAMELAH

音楽

PAMELAH

ぱめら

ビーイング系アーティスト。

95年、「LOOKING FOR THE TRUTH」でデビュー。

デジタルサウンドとハードロックを融合させた音楽ユニット。

メンバーは、作詞を担う水原由貴(vo)、

コンポーザー小澤正澄(g)の二人。

メロディ/ヴォイスは爽やか、

サウンドはハード&ダンサブル、

歌詞は男と女の色恋沙汰――という、

いわゆるビーイング・サウンドの王道をいく。

ビーイング系の中ではテレビ露出が多い事で有名であった。

「SOUND&BRAIN UNIT」としての水原、小澤のほかに

GROOVE&BODY UNIT」との記述があるが、

GROOVE&BODY UNIT」に関しては

いわゆるサポートメンバーで、

徳永暁人(現doa)、

牟田昌弘(元SADS)、

倉澤圭介(元DEEN

などがいたと思われる。