スマートフォン用の表示で見る

PC/AT互換機

コンピュータ

PC/AT互換機

ぴーしーえーてぃーごかんき

PC/ATアーキテクチャを採用したパソコンのこと。1984年に発売されたIBM PC/ATソフトウェア的な互換性を持たせながら発展してきた。

現在市場に出回っているアーキテクチャーのうち、ネイティブで動作するOSがもっとも多い。

PC/AT互換機で動くOSの例
CP-M/86、MS-DOSPC DOSOS/2WindowsLinuxFreeBSDNetBSDOpenBSD、1B(BTRON仕様OS)、BeOSSolarisなど

VAIOThinkPad、FMVなど、Windowsを搭載して現在一般的に売られているパソコンは、基本的にすべてPC/AT互換機である。

現在一般的に売られているパソコンのうち、PC/AT互換機でないものはMacintoshのみと言っていい*1

「PC」という言葉が、「PC/AT互換機」の略称として使われることもある。たとえば「PCとMacでファイル交換する」など。

参考URL

*1:なお、かつての「国民機」であるNECPC-98シリーズもPC/AT互換機ではない