PCI-Express からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

コンピュータ

PCI Express

ぴーしーあいえくすぷれす

PCIに代わるシリアル転送インターフェース

パラレル方式のPCIとは物理レベルでの繋がりは無く、将来を見据え新しいアーキテクチャに刷新したという位置付けの技術である。通信プロトコル等はPCIと共通。

PCIだけではなく、AGPをも置き換えることを目標としている。(そして達成しつつある)

Intel主導で制定された経緯を持ち、「3GIO(3rd Generation I/O)」の名称で知られていた。


1レーンの最大通信速度は2.5Gbps(現在のPCIは1.06Gbps)

最大転送レートは、8bitデータを10bitで転送を行う為、2.5Gbit×(8bit÷10bit) = 片方向250MB/s(双方向500MB/s)となる。

複数のレーンで1ポートを構成しての高速化が可能で、規格では1レーン、2レーン、4レーン、8レーン、12レーン、16レーン、32レーンがある。


1レーンが複数と、ビデオ用に16レーンが1つという構成が多かったが、最近ではnVIDIA社製ビデオカードSLIATI社製ビデオカードCrossFire(2枚のカードを使用して性能を上げる技術)対応の為、16レーン構成のスロットを2つ持つM/Bも普及してきている。

16レーン構成はビデオ専用というわけではなく、帯域が太いからビデオ用に適しているというだけのことで、16レーン(x16)になると、片方向4GB/s・双方向 8GB/sの転送レートを持つ。