スマートフォン用の表示で見る

PEIT


経皮的エタノール注入療法(PEIT
局所麻酔の処置後に、エコーで観察しながら、細長い針を用いて腫瘍あるいは腫瘍血管を穿刺し、エタノールを注入して治療。
エタノールがタンパク成分を凝固させる特性を利用して腫瘍を壊死させる方法で、週に一回程度で3〜5回繰り返して行う。