スマートフォン用の表示で見る

POBox

コンピュータ

POBox

ぴーおーぼっくす

"かゆいところに手が届くようなグッとくる予測変換をしてくれる"『日本語入力システム』です。

Palm OSをはじめ、各種のデバイス向けにリリースされています(携帯電話でも実装されている物があります)が、私の場合はpalmデバイスインストールして使用しています。

個人的には、おそらくこれがなければpalmデバイスで日本語の文章を入力するなんて考えもしなかったと思います。

POBoxの入力システム

たとえば「か」を入力した際に辞書に「かゆい」があれば、「かゆい」が候補として表示される。ここは他の予測変換システムと同じ。

他の予測変換システムと違うのは、一度「かゆい/ところに/手が/届く」という文章を入力すれば、次回は「かゆい」を確定した段階で、以前その「かゆい」に続いて入力した「ところに」が候補に出てくるという点。

そして、「ところに」を確定すれば「手が」、「手が」を確定すれば「届く」…というように、確定するごとに次の文節の候補が出てくる。

「かゆいところに手が届く」と一度入力したことがあれば、次回入力するべき文字は「か」だけですむ。「か」を入力したあとは、ただ候補から選んでいくだけで「かゆいところに手が届く」と入力できる。