PRIDE-GP

スポーツ

PRIDE-GP

ぷらいどぐらんぷり

総合格闘技イベント「PRIDE(プライド)」の中で、選抜選手によって行うトーナメント

偶数年にはヘビー級奇数年にはミドル級と交互に、また5年に1度無差別級が行われる。

なお、PRIDE-GP優勝者と、各階級のPRIDEチャンピオンは別物。

PRIDE-GP

2000年に16人の無差別級トーナメントが開催され、桜庭和志vsホイス・グレイシーの死闘などを経て、米国マーク・コールマンが優勝。

PRIDE-GP2007ライト級トーナメント

2007年大会はライト級で開催予定

その他

GPの決勝戦は、常にテーマソングとして「Time To Say Good bye」(サラ・ブライトマン&アンドレア・ボチェッリ?のデュエット・バージョン)が流されるという。