Pay-Easy

一般

Pay-easy

ぺいじー

国や地方に収める税金や納付金、電話などの公共料金を、銀行のATM現金自動預け払い機)やインターネットなどで24時間納付できる電子収納サービスのこと。2004年1月19日から本格稼働。

ペイジー金融機関政府、公共企業などが参加する「日本マルチペイメントネットワーク推進協議会」などが推進母体となり、2001年10月にNTTドコモみずほ銀行日本郵政公社が対応サービスを開始した。19日からは、国への電子申請に付随する手数料や登録免許税の一部、労働保険料など、政府に対する電子納付サービスが開始。支払いを受け付ける金融機関も1200行以上に広がった。