Pentium Extreme Edition

コンピュータ

Pentium Extreme Edition

ぺんてぃあむえくすとりーむえでぃ

Intelのハイパフォーマンス向け次世代デュアルコアCPU

Pentium DHyper-Threadingを搭載したもので,OS上からは4論理CPUに見える.


Smithfieldコア

2005年4月に「Smithfield」コアのPentium Extreme Editionがリリースされた。

製造プロセスは90nmで、FSB800MHz、2次キャッシュ1MB x2、EM64Tなどの機能を備えている。

プロセッサーナンバーはPentium Extreme Edition 840 (3.2GHz)。

対応チップセットはi955X/i975Xで、対応ソケットはLGA775


Preslerコア

2006年1月に「Presler」コアのPentium Extreme Editionがリリースされた。

製造プロセスは65nmで、FSB1066MHz、2次キャッシュ2MB x2、Intel Virtualization Technology(VT)などの機能を備えている。

プロセッサーナンバーはPentium Extreme Edition 955 (3.46GHz)か965 (3.73GHz)。

対応チップセットはi955X/i975Xで、対応ソケットはLGA775


略称はPentium XE

intelデスクトップPC向けプラットフォームブランド「Viivテクノロジを構成するCPUである。