Pentium PRO

コンピュータ

Pentium PRO

ぺんてぃあむぷろ

歴史

Intel社がPentiumの後継として1995年に開発、発売したCPUx86シリーズでは第6世代となる。

8Kbytesのコード/データ用1次キャッシュ、256Kbytesの2次キャッシュCPUのパッケージに内蔵している。そのためそれまでのx86シリーズでは最大のCPUになった。

マザーボードとの接続は新たに開発されたSocket 8?で行う。

しかし、16bitコードの実行速度が遅かったため、当時まだ16bitコードが多く残っていたWindows 95系列では顧客を獲得することができなかった。また、CPUダイの大型化による歩留まりの悪さ、コストの高騰から後継となるPentium IIでは2次キャッシュが外付けになっている。

写真では上に並んでいるのがSocket 8、手前左が2次キャッシュメモリが256KBのもの、手前右が2次キャッシュメモリが1MBのもの