スマートフォン用の表示で見る

Pentium3

コンピュータ

Pentium3

ぺんてぃあむすりー

Intelデスクトップ向けCPU

PentiumIII 、Pentium IIIPentium !!! 、Pentium !!!と表記されることも。

FSBは100MHz,133MHzの2種類で,対応チップセットはi440シリーズ,i810シリーズ,i815シリーズ,i820*1,i830M*2

400MHzから1.4-SGHzまでさまざまな商品がある、チップセットが対応していればPentiumIIからの換装が可能。

拡張命令にSSEを搭載、初期型のKatmaiPentiumIIと同じSlot1とFC-PGA(Socket370版)が提供された。

CPUに96bitの固有のIDを割り当て、ソフトウェアからそのIDを識別できる「プロセッサシリアルナンバ」を搭載しているが、デフォルトではプライバシの関係上無効となっている、なおこの機能はPentium4以降のCPUには搭載されていない。

Intel純正x86MPUで初の1GHzを達成した商品だが、x86互換MPUとしてはそれよりも前にAthlonが1GHzを達成している。

このあたりの競い合いはどちらが先にマルチコアCPUを発売するかという状態に非常に似ている。このときはAMDに軍配が上がったが、マルチコアの先行リリースは(AMDのものよりも不完全ながら)intelに軍配が上がったと思われる。


プロセッサコアの開発コードには初期型のKatmai*3Coppermine*4AMDAthlon Thunderbirdを脅威に感じたIntelが対抗するために開発したTualatin*5が存在する。

*1:メモリ周りのトラブルで回収された.詳しくは黒歴史::コンピュータにて.

*2:後述のTualatinコアのMobile Pentium III-M向け

*3:0.25µmプロセス

*4:0.18µmプロセス

*5:0.13µmプロセス