スマートフォン用の表示で見る

PiTaPa

一般

PiTaPa

ぴたぱ

概要

「Postpay IC for "Touch and Pay"」の略。

関西の私鉄地下鉄が加盟する「スルッとKANSAI協議会」によるICカード決済サービスで、Suicaの関西私鉄版と言える。

但し、Suicaのような前払い(プリペイド)方式ではなく、交通系ICカードで唯一の後払い(ポストペイ)方式となっている。

2004年3月27日からモニター調査が行われた。

後払いであることにより、利用状況に応じて自動的に運賃が割り引かれるため、使い方次第で定期券より交通費が安上がりになることもある*1

少額の買い物で使える電子マネー機能も備えている。

2006年7月1日より、阪急・能勢・北急・阪神の4社でPiTaPa定期券サービス開始。

割引方式

割引制度は各社局により異なる。

交通利用の割引制度は各月1日〜末日の1ヶ月を対象として計算される。

利用回数割引

同運賃区間の利用回数に応じた割引制度。

回数券の割引制度に近い方式であり、例えば同じ運賃区間*2を11回以上乗ると、11回目以降に割引がかかったりする。

区間指定割引(要登録)

予め登録した区間を指定運賃以上利用した場合、自動的にその運賃で支払額が定額になるシステム。

指定運賃とは要するに1ヶ月定期券の運賃である。

登録はインターネットから簡単に行える*3ので、定期券を買うような手間が省ける。

もし1ヶ月の利用額が定期運賃に満たない場合は、利用区間割引の方が適用されるため、利用状況によっては定期券を買うよりお得になる。

利用額割引

1ヶ月の利用運賃に応じて割引を適用する方式。各社の回数カードに近い制度である。

登録型利用額割引(要登録)

事前の登録をすることで、利用額割引にさらに割引がされる制度。

大阪市交通局の「利用額割引 フリースタイル」の学生割引がこれに該当する。

通学証明は必要なく、文科省認可学校の学生証を提示して登録すれば適用される。

上限付登録型利用額割引(要登録)

各社局が設ける条件で登録すれば、利用額割引でありながら一定以上は定額で利用できるというサービス。

区間指定割引とは異なる。

大阪市交通局の「利用額割引 マイスタイル」(マイスタ)がこれにあたる。

マイスタについては仕組みが少々難しいので下記を参照。

no title

定額タイプ(要登録)

毎月一定額を支払うことにより、乗り放題となるサービス。

PiTaPa定期券

PiTaPaカードを使用したIC定期券サービスである。

定期券として利用するためには、PiTaPaカードに定期券区間の印字スペースが必要となる。そのためOSAKA PiTaPaなど一部のPiTaPaカードでは利用できない。(京阪ICOCA定期を導入。近鉄も2012年秋にICOCA定期を導入予定。)

ショップdeポイント

PiTaPa対応店舗で買い物をすると、利用額に応じてポイントが加算されるようになっている。

このポイントが500貯まると、自動的にPiTaPa利用運賃から50円が割り引かれるようになっている。

PiTaPaの利用エリアの拡大

これ以降エリアが順次拡大し、現在では関西のほとんどの私鉄で利用できる。

JR西日本「ICOCA」との相互利用について

JR西日本で導入されているICカード乗車券ICOCA」は、プリペイド方式であり、PiTaPaを当該エリアで使用する場合もプリペイド方式での使用となる。

そのため、PiTaPaJRで使う場合は事前にチャージするわけであるが、それだとPiTaPaの「ポストペイでチャージ不要」という魅力が無くなってしまうこともあり、事前の登録をすることで自動的にポストペイ機能によってチャージできる「オートチャージ」機能がある。

オートチャージPiTaPaエリアの改札や読み取り機*6を通る際に、カード内のプリペイド残高が1000円未満であると、自動的にポストペイにより2000円がチャージされるというシステムである。(小児用の場合は500円未満であると1000円チャージされる。)

なお、プリペイド残高を使用できるのは今のところJR西日本利用の場合のみであり、それ以外にプリペイド残高を充てることはPiTaPaエリアも含めて出来ない。

加盟社局の発行する他のICカードについて

PiTaPaを導入している社局の中には、PiTaPa以外にもプリペイドタイプのICカードを独自で発行している社局もある。

これらを発行している社局では、LuLuCa+PiTaPaを発行する静鉄グループを除き、自社局でPiTaPaカードを発行していない。また、これらのカードはプレミアムなど独自の割引サービスを付与している関係で、発行社局以外では利用できない。(逆にPiTaPaは相互利用のICOCAを含め、これらの社局でも問題なく利用できる。)

これとは別に、京阪電気鉄道ではICOCA定期導入に合わせてICOCAを自社でも販売している。(カードはJRで発行されているものと同一のものである。)こちらは近畿日本鉄道も2012年秋以降のICOCA定期導入に合わせて販売を開始する予定。

カードの種類

基本的に一番下のPiTaPaベーシックカード以外、クレジット契約が必須となる。

ここでは代表的なもののみを掲載。

(注) 阪急阪神STACIAは、2007年9月までそれぞれ阪急 HANA PLUS と阪神 CoCoNet Pitapaというブランドだった

このほかにもANA関西電力洋服の青山などもPiTaPaカードを発行している。また韓国でも発行されている。

*1:割引の仕方は各社局で異なる

*2:乗車区間ではない

*3:学生の場合はサービスセンターに行かなければならない

*4:ただし、PiTaPaを使ってJR西日本を利用する際にはICOCA同様事前にお金をチャージするプリベイド方式となる。

*5川西猪名川エリア

*6JRの改札、大阪市バスは対象外

目次