スマートフォン用の表示で見る

Poke

ウェブ

Poke

ぽーく

Pokeとは、Facebookで相手にちょっかいをかける(自分の足跡を付けること)ことができる機能。Facebook Poke

友達に対して「Poke」すると、相手のプロフィール欄に「あなたは○○からPokeされました」と表示される。特にメッセージを伝えるわけでもなく、ただちょっかいをかけるだけの機能。軽く無言で相手の肩をつんつんしながら「私はあなたのことを気にかけていますよ」といったようなイメージ。

「Poke」は日本語で「あいさつ」と訳されていたが、最終的に日本でも「Poke」という名称が用いられている。

アプリ

2012年12月21日、モバイルメッセージアプリとしてiPhone向けに公開された。

アプリ版では、軽い挨拶としてメッセージ、写真、ビデオをFacebookの友達に送り、短時間のみ表示および共有する事が出来る。1人あるいは複数の相手に同時送信し、表示時間は1、3、5秒、または10秒と設定可能。

挨拶を送られたユーザーは、画面を押し続けてメッセージ、写真、ビデオを閲覧する。設定された表示時間が過ぎるとコンテンツはアプリケーションから消去される。受信側がスクリーンショットを撮った場合は送信者にその旨が伝えられる。

iTunes App Storeで「Facebook Poke」をダウンロード

使い方

  1. アプリを起動してFacebookアカウントログイン
  2. 友達をリストで表示しPokeしたい相手を選択する
  3. 相手に見せる秒数を、1秒、3秒、5秒、10秒から選択する
  4. そのまま「Poke」したり、写真や手書き文字をを加えて送信する
  5. Pokeされると通知され、設定した秒数が経過すると消える

日本語訳として提案されていた案

  • 「ぺろぺろ」
  • 「ポークする」
  • 「膝カックン」
  • あしあと
  • 「つっつく」
  • 「つんつん」
  • 「ヤ!」
  • 「どうも」

など。