スマートフォン用の表示で見る

Psychic TV

音楽

Psychic TV

さいきっくてれびじょん

イギリスノイズインダストリアルのバンドのひとつ。

1981年にThrobbing Gristleスロッビング・グリッスル)解散後、Genesis P-Orridge(ジェネシス・P・オリッジ)らが結成。ジェネシスはウィリアム・バロウズに思想的な影響を受けていた(そのカットアップなどの手法は音楽に適用された)。

TG時代は産業・工業化社会をテ-マとして「インダストリアル・ミュ-ジック」と自ら名付けた音楽を展開。倒錯等についての変態的な歌詞に歌い(あるいはわめき、ささやきながら)、具体音やノイズを含む多様な音源をシンセサイザ-とシ-クエンサ-によるリズムの枠組みに乗せた音楽だった。

そしてPsychic TV(サイキックTV)での彼の指向は情報テクノロジ-の時代の精神と生理の在り様の探求に向けられた。人間の精神と宗教への傾倒、ヨ-ロッパ的なオカルト的な体系への共感を顕著に表現していった。

ジェネPは、しまいにはテンプル・オブ・サイキック・ユースという宗教団体までつくることになる。