スマートフォン用の表示で見る

QV-10

一般

QV-10

きゅーぶいてん

CASIO QV-10

1995年、民生用としてはじめてヒット商品となったカシオデジタルカメラ

25万画素、記録画素数320×240ピクセルで内蔵メモリに96枚記録可能という現在では玩具の範疇に入る仕様ながら、

  • 1.8型の液晶を搭載し、撮影した画像をその場で確認できる
  • データをパソコンに転送できる
  • レンズ部が回転し自分撮りもできる

という、デジカメならではの新機能がデジモノ好きのハートを射抜いた。

2012年、国立科学博物館が主催する重要科学技術史資料(未来技術遺産)に登録された。