Qpa

一般

QPA

きゅーぴーえー

金沢工業大学の学生に対する成績評価方法。個々の科目の成績評価を学習支援計画書に示す基準により、小テスト、レポート、臨時試験、定期試験、学習態度を総合的に評価し、総合評価点数によりS、A、B、Cを合格、D、E、Fを不合格としている。

それらの成績評価に基づき、全体的な成績評価として、QPA(Quality Point Average)ポイントを使用し、各学期終了時点での成績状況を確認している。このQAPポイントとは、全履修科目における1単位当たりの成績評価の平均値を表すもので、各科目の成績評価が高ければ当然QPAポイントも高くなるが、全履修科目を対象としているので、履修許可を受けた科目は、確実に履修し単位修得に努める必要が出てくる。従って、途中で履修放棄した科目があるとQPAポイントは下がる仕組みになっている。

このQPAポイントによる成績評価は、今後の修学指導における基礎資料となるばかりではなく、就職指導や大学院への進学指導(大学院への推薦出願資格)における基礎資料ともなるらしい。

http://www.kitnet.jp/campus-note/7study/study_html/11_qpa.html