スマートフォン用の表示で見る

R15+

映画

R15+

あーるじゅうごぷらす

映倫(映画倫理管理委員会)が決めた映画鑑賞の際にその映画を見ることが出来る年齢制限の規定。

2009年5月より区分された。旧区分である「R-15」に相当する。

15歳以上(15歳未満は観覧禁止)

R:Restricted(観覧制限)の略号

この区分の映画は、主題や題材の描写の刺激が強く、15歳未満の年少者には、理解力や判断力の面で不向きな内容が含まれている。従って、15歳以上の観客を対象とし、15歳未満は観覧禁止とする。

映倫のサイト「映画4区分の概要」より)