スマートフォン用の表示で見る

R8C

コンピュータ

R8C

あーるはちしー

ルネサステクノロジの組込用ワンチップCPUで、三菱系 M16C の命令セットを持ちROM/RAMを縮小したモデル。フリーで使える開発環境がかなり便利で、flash ROM領域をC言語でデバッグ出来る。

開発環境

Cコンパイラ

ルネサスホームページ(http://www.renesas.com)からR8C関係のページに入る。開発環境->クロスツール->と行き、[R8C/Tiny 専用無償版 Cコンパイラ ダウンロード] をダウンロード。メールにパスワードが添付されてくるので登録する。

このコンパイラーには HEW4 という統合環境があり、シリアルポートでFLASH ROMの書き込み、flash ROM 空間のデバッグも可能。E8 という安価デバッグツールもある。

評価用ボード

OAKS8(http://www.oaks-ele.com/oaks8/index_oaks8.htm) を入手すれば、あとはフリーのツールでプログラムが組める。

チップ入手方法

エイティーラボラトリで380円。digikey でも購入可能

その他

CPUボードは980円で秋葉若松通商、千石、エイティーラボラトリ*1などで扱っている。

*1ラジオデパートの一階。看板は「システムセブン

目次