RAJIE

音楽

RAJIE

らじ

ラジと読む。ジャパニーズ・シティ・ポップのソロ歌手。本名は本田淳子。ラジという名前は、中学時代からのニックネームで、日本で1968年に放映されたテレビ海外ドラマ「巨象マヤ」に出ていたインド人の少年の名前が由来。女子高校生4人組コーラス・フォークグループ、ROWでデビューを飾る。 ボーカル、ギター、キーボードを担当する(当時は旧姓の相馬淳子)。高校卒業後はグループ名をポニーテールと改名し再デビューするが脱退し、RAJIE(ラジ)としてソロデビューした。

楽曲提供者は高橋幸宏細野晴臣坂本龍一矢野顕子大貫妙子杉真理井上鑑加藤和彦鈴木慶一南佳孝筒美京平後藤次利佐藤隆糸井重里、クリス・モズデル、来生えつ子などで、バックには井上鑑鈴木茂林立夫、マイク・ダンなどティン・パン・アレーサディスティック・ミカ・バンド周辺中心の豪華メンバーで、シティ・ポップの隠れた名曲が多い。

シングル

「ホールド・ミー・タイト(Hold Me Tight) / 愛はたぶん」(1977) 日産自動車5代目スカイラインCMソング

「冬の肖像 / 優しい関係」(1978)

ラジオと二人 /ヨジレアン・ツイスト」(1980)

「偽りの瞳/ 霧の部屋」(1981)

「ブラック・ムーン(BLACK MOON) / パズル・ヌーン」(1981) マクセルカセットテープCMソング

「ドゥ・ユー・ウォナ・ダンス(Do you wanna dance) / ROSY BLUE」 (1982)

瑠璃色の恋人達 / 印象派」(1984) ドラマ「瑠璃色ゼネレーション」挿入歌

アルバム

「ハート・トゥ・ハート(Heart To Heart)」(1977)

「ラヴ・ハート(LOVE HEART)」(1978)

「キャトル(Quatre)」(1979)

「真昼の舗道」(1980)

「アコースティック・ムーン(ACOUSTIC MOON)」(1981)

「午後のレリーフ」(1984)

デュエット、コーラス参加

サディスティックス 「The Tokyo Taste」「香港戀歌(れんか)」(1977)

大瀧詠一「Velvet Motel」(1981)

杉山清貴&オメガトライブ「You're a Lady,I'm a Man」(1985)

門あさ美「ラ・フルール・ブルー 青い花」(1988)

五十嵐浩晃 「サマートワイライト」(1988)、 「二人だけのXmas(Duet with Rajie)」(1988)、「グラデーション」(1989)