スマートフォン用の表示で見る

RDRA

リレーションシップ駆動要件分析(Relationship Driven Requirement Analysis)

RDRAとは「リレーションシップ駆動要件分析」の略称

・要件定義時に使用するUMLを使ったモデリング手法です。

・要件を網羅的に整合性をもってモデリングするための考え方をまとめたものです。

・モデル間の関係に着目しその関係性から分析を進めます。

・要件定義に4つの視点を導入しその依存関係を明らかにする事で網羅性、整合性を確保します。

  システム価値:  システムに価値をもたらす人や外部システムを把握し、同時に要求も整理します。

  システム外部環境:システムが使われる外部環境を明らかにします。

  システム境界:  システムとの接点を明らかにします。

  システム:    システムの機能とデータを明確にします。

参考:

http://k-method.jp/