スマートフォン用の表示で見る

REFLECTION

音楽

REFLECTION

りふれくしょん

Mr.Childrenの18枚目のオリジナルアルバム2015年6月4日にトイズファクトリーより発売。

{Drip}(通常盤・初回限定盤)

未完(4:50)

発売後に行われたスタジアムツアーのタイトルにも使われた楽曲[20][21]で、同ツアーではCDと同様1曲目に演奏された。

また、テレビ出演やCMなど、本作のPRによく用いられた。タイトルには、Mr.Childrenはまだまだ未完成で、これからも成長していきたいという願いが込められている。

FIGHT CLUB(4:57)

タイトル通り歌詞の中に映画『ファイト・クラブ』と、出演者のブラッド・ピット(歌詞ではブラピと表記)が登場する[16]。

仮タイトルは「疾走POP」。

斜陽(3:48)

プロデュース:Mr.Children & 小林武史

2014年12月3日放送のフジテレビ系『FNS歌謡祭』で、未発表曲として先行披露された楽曲[22]。桜井はファンクラブツアーでタイトルについて、太宰治の同名の小説に由来していると語っている。

Melody(5:04)

プロデュース:Mr.Children & 小林武史

35thシングル「足音 〜Be Strong」のカップリング曲

カップリング曲の収録は、15thアルバム『SUPERMARKET FANTASY』に収録された「羊、吠える」以来となる。

蜘蛛の糸(4:18)

プロデュース:Mr.Children & 小林武史

桜井曰く、「大人のラブソング」。桜井はファンクラブツアーでタイトルについて、芥川龍之介の同名の小説に由来していると語っている。

Starting Over(4:59)

東宝配給映画『バケモノの子』主題歌。

Mr.Childrenでは通算3回目のアニメタイアップで、アニメ映画主題歌は「fanfare」以来5年5か月ぶりとなる。

最初の仮タイトルは「ノブナガ」で[16]、テレビドラマ『信長協奏曲』の主題歌のオファーを受けて制作を開始したものの、次に付けられた仮タイトル「Be Strong」になった段階で意見がまとまらず、一度制作中止となった曲である[16]。結果的に主題歌となった「足音 〜Be Strong」の完成後に、歌詞などを大きく変更して作り直した[16]。タイトルのStarting Over(「やり直す」の意)は、これに由来している。

アルバム発売後に行われた『Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』ではこの曲が最後に演奏された。

忘れ得ぬ人(5:20)

編曲森俊之

ピアノから始まるバラード曲で、バンド演奏は2番から。セルフプロデュース曲だが、アレンジは森が単独でクレジットされている。

Reflection(2:03)

アルバムタイトル曲[23]。

Mr.Childrenでは「叫び 祈り」以来となるインストゥルメンタルで、映画「Mr.Children REFLECTION」のテーマとして桜井が自らピアノを演奏して作曲した。SEのみで構成されないインストゥルメンタルで、また、アルバム中盤にインストゥルメンタルが差し込まれるケースは「Rain」、「Making Songs」、「臨時ニュース」に次いで4曲目。

fantasy(4:21)

BMW「アクティブ ツアラー/グラン ツアラー」CMソング。

{Naked}およびライブツアー『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』のオープニング曲だが、元々ライブの1曲目に演奏する事を想定して作られたという。

REM(4:30)

プロデュース:Mr.Children & 小林武史

5作目の配信限定シングル

Mr.Childrenでは最も発表からCD化までの期間が長い(約2年)楽曲となっている。

WALTZ(6:47)

本作では演奏時間が最長の楽曲で、アルバム制作において最初にできたという曲[13]。

ライブでは「REM」から続けて演奏された。

進化論(5:42)

日本テレビ系『NEWS ZERO』テーマソング(2015年3月30日 - )[24]。

ライブでは、演奏される前に進化論についてのVTRが流れる演出がある。

幻聴(5:34)

プロデュース:Mr.Children & 小林武史

当アルバムの候補曲が全て出揃ったと思われたその翌日にできた楽曲で、冒頭の「やっと一息つけるねって思ったのも束の間」という歌詞はこれに由来する。

足音 〜Be Strong(4:59)

35thシングル。

{Naked}(完全限定生産)

※がついているものは、{Drip}未収録曲。

fantasy

FIGHT CLUB

斜陽

Melody

蜘蛛の糸

I Can Make It(4:22) ※

サビの部分でベースとユニゾンするギターが録音されているが、これを中川敬輔が田原に提案する様子が付属のDVDに収録されている。

発売前のファンクラブツアーを踏まえて再度レコーディングを行ったという。その際、当初オルガンソロだった部分を田原のギターソロに変更した。

CDには収録されなかったが、ファンクラブツアーで披露したのち、『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』『Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』のどちらでも演奏された。

ROLLINʼ ROLLING 〜 一見は百聞に如かず(4:14) ※

ロック調の風刺曲。サブタイトルは諺の“百聞は一見に如かず”をひっくり返している。

放たれる(5:34) ※

プロデュース:Mr.Children & 小林武史

6作目の配信限定シングル

シングルとして先行販売されていたが、「足音〜Be Strong」のB面曲としてCD化されており、本作ではUSBのみの収録となった。

街の風景(6:38) ※

住友生命ヤングジャパンアクション2015 活動編」CMソング。

桜井が出演した2013年12月25日放送のTBS系『クリスマスの約束2013』において、小田和正と共同で制作した「パノラマの街」はこの曲が元となっている。

こちらは桜井が単独で制作したデモテープから新たにリメイクされたため、作詞・作曲は単独表記である。

運命(4:56) ※

カルピスカルピスウォーター」CMソング。

足音 〜Be Strong

忘れ得ぬ人

You make me happy(3:51) ※

Jewelry(4:41) ※

REM

WALTZ

進化論

幻聴

Reflection

遠くへと(3:21) ※

仮タイトルは「はじまり」。

I wanna be there(5:23) ※

ギターソロは桜井が演奏している。Mr.Childrenでは数少ない歌詞の一人称が「俺」になっている楽曲の一つ。

ライブ初披露となった『Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』では、観客にスマートフォンのライトを点灯させるという演出もあった。

Starting Over

未完

目次
  • REFLECTIONとは
      • {Drip}(通常盤・初回限定盤)
      • {Naked}(完全限定生産)