スマートフォン用の表示で見る

RLO

コンピュータ

RLO

あーるえるおー

RLO(Right-to-Left Override)

Unicodeにおける制御記号の一つ。

(少なくとも現在日本で標準的に使用されている)日本語、英語などは横書きの場合左から右へ記載する。

しかし、文脈の中でアラビア語などの右から左へ記述する文字を表示させる場合、表示させたい内容を逆に入力するという不都合が発生することがあるため、Unicodeを用いるOSにおいてはRLO以降の文字列は逆順(右から左へ)に表示させることが出来るものが多い。

たとえば、「123456」という文字列の3と4の間にRLOを入力すると、「123654」と表示される。

これはファイル名等にも有効であるため、拡張子を見た目上偽装できる。

偽装の初出は葉っぱ日記

WindowsXPProでの防御方法も葉っぱ日記