スマートフォン用の表示で見る

RX-78

アニメ

RX-78

あーるえっくすななじゅうはち

アニメ機動戦士ガンダム」に登場する人型機動兵器(モビルスーツ)、ガンダムの劇中での形式番号。

ただし同型機においては7機(8機とも)が確認されている。また型式番号に「RX-78」が入る機体を含めるとその数はさらに増える。


各機概説

ちなみに、フルアーマーガンダムは「FA-78-1」、ヘビーガンダムが「FA-78-2」、パーフェクトガンダムは「PF-78-1」。陸戦型ガンダムは「RX-79(G)」で、各々「RX-78」ではない。

また、かつてバンダイが発売した8ビットパソコンの名称にもなっている。

*1:「RX-78-1」「同-2」「同-3」の形式番号の最初の出典である、プラモデル「MSV」シリーズ 1/144プロトタイプガンダムの付属解説では、「RX-78」の後ろの数字は「仕様」を示す数字となっていた。こちらの設定だとサイド7にあった三機のうち1号機と2号機は、最初「RX-78-1」の使用で製造され、サイド7搬入時に改修され2機ともRX-78-2」にバージョンアップ、このうち1号機がジオン侵攻により大破、2号機にアムロが乗ったという事になっている。3号機は、最初から「RX-78-2」として製造されたが、ジオン侵攻により小破、ホワイトベースに回収され、2号機の部品取りに使われるも、その後マグネットコーティング実験機として連邦軍に引き渡され、「RX-78-3」に改修されたという事になっていた。しかし「MSV」の数年後には、孫引きの繰り返しが原因か、いつの間にか、「RX-78」の後ろの数字は「製造順」を示すようにされた。それが、ゲーム「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙」で「RX-78-4」「同-5」がクローズアップされて以降、当初の「仕様」を示す数字という解説が見直される事になった。複雑である。

*2PS3ゲーム「機動戦士ガンダム戦記」に登場