スマートフォン用の表示で見る

ReadyBoost

コンピュータ

ReadyBoost

れでぃーぶーすと

Windows Vistaに採用された、フラッシュメモリを使用した高速化技術。

Windows Vistaを導入したPCに高速なUSBメモリなどを接続し、これをキャッシュ領域として使用することで、ハードディスクからの読み出しラグを軽減し、メモリ増設の難しいノートPCなどの高速化に役立てることが可能。

基本的にはライトスルーキャッシュとして動作するため、ハードディスクへの「書き込み」を軽減する技術ではないが、ランダムアクセス性の高いフラッシュメモリを使用することにより、読み出し速度の向上や、ハードディスクへの同時アクセスの軽減が期待できる。

ただし、RAMを増やしたときと等しいパフォーマンス向上は期待できない、また、ある程度(とくにランダム読み書き)高速なフラッシュメモリを最低条件として要求する。