Red Bull X-Alps

スポーツ

Red Bull X-Alps

れっどぶるえっくすあるぷす

Red Bull X-Alpsは、Red Bull GmbHが主催する、パラグライダーと徒歩のみによって行われるアドベンチャーレース。

レッドブルの本拠地であるオーストリアザルツブルクを出発し、アルプス山脈の山中に設けられたいくつかのチェックポイントを通過した上で、最終目的地であるモナコを目指すレース。

2003年以降、2年に一度のペースで開催されている。

チェックポイントの数や場所が年によって異なるが、最短距離で800kmから1,000km以上、実際の移動距離は1,800kmから2,000km以上となり、レース期間は約2週間にも及ぶ。

しかも、競技は原則48時間毎に競技者の足切りが行われ、その時点で競技中の最下位の競技者は強制リタイアとなるほか、1位の競技者がモナコにゴールしてから48時間経過時点で大会は終了となるなど、厳しいルールとなっている。

各選手はGPS機器と支給された携帯電話を携帯して移動することが義務付けられており、その情報をもとにして、観戦者はGoogle Earthと連動させた3Dトラッキングによって、日々のレース状況をフォローできる点も特長のひとつとなっている。