Rogue

ゲーム

Rogue

ろーぐ

テキストで表現されるダンジョンを地下へと進んでいき、イェンダーの魔よけを持ち帰るのが目的のRPG1980年に発表された。

自キャラクタは「@」、敵キャラクタはアルファベット、アイテム類は記号で表現されている。

ダンジョンはプレイのたびに自動生成されるほか、死ぬとすべてのアイテムや経験値が失われ、最初からやり直しになるのが特徴。

そのため、ゲーム内のキャラクタを成長させていくというより、プレイヤー自身のプレイスキルが向上していくことになる。

妙に中毒的な面白さがあり、ついついやりこんでしまいがち。

長らくオリジナルのソースコードは失われたとされており、その動作をなるべく忠実に再現した「Rogue クローン」が遊ばれていた。現在ではオリジナルのソースコードが発見されたようで、それを元にしたオリジナル版の復刻も行われている。

Rogue」と同様のシステムを採用したゲームは、「ローグライクゲーム」と呼ばれている。