スマートフォン用の表示で見る

SCUDELIA ELECTRO

音楽

Scudelia Electro

すくーでりあえれくとろ

ミュージシャン:アーティスト:バンド

スクーデリアエレクトロ)(スクーデリア・エレクトロ

spiral life石田小吉石田ショーキチ)と寺田康彦、吉澤瑛師からなるバンド。


その起源はかつて石田小吉が活動していたユニット、「SPIRAL LIFE」のワークに端を発する。

当時からプロデューサー志向の強かった石田はレコーディングエンジニアの寺田康彦、

ツアーでサポートキーボードを担当していた吉澤瑛師と、これまでにない

プロデュースワークを中心とする有機的サウンド工房システムを作りたいと考える。

95年終盤、ポリドール所属の"ROSY"のプロデュースを皮切りに、そのワークはスタートする。

翌96年SPIRAL LIFE横浜アリーナでのライブを最後に解散、SCUDELIA ELECTRO

自身の楽曲の発表も含め、本格的にそのキャリアを展開させていくことになる。

これまでに手掛けたプロデュースはCOCCOスピッツを始め多岐に渡り、

2,000年夏現在までに発表した彼らの作品はマキシシングル6枚、オリジナルアルバム4枚、

ベストアルバム二枚、ミニアルバム一枚、その他トリビュート盤などにも多数参加。

とのこと。公式HPより。