SDDS

映画

SDDS

えすでぃーでぃーえす

Sony Dynamic Digital Sound

1994年8月に発表された、ソニーの劇場用映画における多チャンネルのデジタル音声フォーマット。完全独立の8チャンネルまたは6チャンネルで、圧縮形式にはATRACが使われている。

劇場用映画における多チャンネルの音声フォーマットでは唯一8チャンネルに対応しているが、対応劇場が限られており、製作にはコストがかかる上、音声データがフィルムの端に記録されているため、データの欠損が起こりやすい(実際には、欠損があった場合はプロセッサーが計算して補う)という問題点がある。

また、ドルビーデジタルDTSと違い、家庭用の普及規格はない。