SEGA-AM2

ゲーム

SEGA-AM2

せがえいえむつー

株式会社SEGA-AM2(SEGA-AM2 Co.,ltd.)

かつて存在した株式会社セガ(後のセガゲームス)の開発子会社?

1983年10月1日設立。元来はセガの「スタジオ128」を前身とし、「第2AM研究開発部」、後に「第2ソフトウェア研究開発部」、通称「AM2研」と呼ばれていた一部署だった。その当時から『アウトラン』、『スペースハリアー』、『バーチャファイター』シリーズなど数多くのヒット作を生み出し、『アウトラン』に登場するヤシの木をモチーフにしたロゴマークとともにゲームファンの間で広く知られていた。

2000年2月18日に、セガ分社化の一環として、第2ソフトウェア研究開発部はCSK総合研究所?CRI)に組織統合されるという形で独立した。この時期に発売された『シェンムー 第一章 横須賀』のクレジットはセガではなくCRIになっていた。

2001年8月1日に、社名を「SEGA-AM2」と変更。代表取締役社長に鈴木久司?代表取締役鈴木裕が就任する。

2004年7月1日に、セガの他の開発子会社であるセガワウ、ヒットメーカー、アミューズメントヴィジョン、スマイルビットソニックチーム、デジタルレックスとともに再び株式会社セガに統合され、『セガ第二研究開発本部』となった。子会社時代に最後にリリースした作品は『アウトラン2』、『アフターバーナー クライマックス』だった。しかしその後も「AM2」のヤシの木マークは作品に使われ続けている。2015年4月1日のセガグループ再編に伴い、『セガ第二研究開発本部』は『セガ第一研究開発本部』共々株式会社セガ・インタラクティブ継承され、『セガ・インタラクティブ第二研究開発本部』となった。