スマートフォン用の表示で見る

SIer

コンピュータ

SIer

えすあいあー

SIer とは、System Integrationの略称SIに「〜する人」を意味する-erをつけて「System Integrater」とした造語であり*1、エス・アイアーと読む。System Integrationとは、個別企業のために情報システムを構築することであり、戦略立案から、企画、設計、開発、運用・保全までトータルに提供するSIerもある。システムインテグレーター

SIerの分類

SIerは大きくメーカー系、ユーザー系、独立系に分けられる。コンサルティング・ファームもSIerに分類することがある。

メーカー系SIer

ハードウェアメーカーが親会社であるSIer

例:富士通ビジネスシステムNECソフト、日立情報システムズ

ユーザー系SIer

金融物流などの、システムのユーザー企業が親会社であるSIer

例:NTTデータ新日鉄ソリューションズ、住商情報システム

独立系SIer

親会社を持たないSIer

例:大塚商会CTCCSKインテック

コンサルティング・ファーム

主に経営コンサルティングを行う企業。

例:野村総合研究所日本総合研究所アクセンチュア

*1:しかし、正しい英語の綴りは「System Integrater」ではなく「System Integrator」であって、それならば「SIor」としなければならない筈なので、ある種の和製英語と言えるかもしれない。

目次
  • SIerとは
  • SIerの分類
    • メーカー系SIer
    • ユーザー系SIer
    • 独立系SIer
    • コンサルティング・ファーム