SOUND×VISION

一般

SOUND×VISION

さうんどばいびじょん

これまで世界各地のアーティストによる、50タイトル以上の作品集を出版してきたGASがプロデュースする、日本発の音楽と映像の最先端を追求するフェスティバル『サウンド バイ ヴィジョン 2004』


SOUND×VISION 2004」のテーマ

メディア・ハーモニー

メディア・ハーモニー」は『サウンド バイ ヴィジョン 2004』のために作られたコンセプトワードです。

雑誌やTVなどの情報媒体/本やCD等の出版物/音楽や映像等の表現方法などを指す言葉となる「メディア」と「ハーモニー(調和)」をかけ合わせた言葉です。「メディア・ハーモニー」には二つのねらいがあります。

一つ目は、音楽、映像、建築、デザインなど、様々な表現手段を調和しようという感覚のハーモニー。

もう一つは、展覧会、ライブ、出版物、TV放送、WEBなど、様々な展開を調和させていく社会のハーモニー。

この二つのハーモニーを通して、私たちは『サウンド バイ ヴィジョン 2004』を展開していきます。



参加アーティスト

Corneliusコーネリアス(日本)

Buffalo Daughterバッファロー・ドーター(日本)

Jan Jelinek|ヤン・イエリネック(ドイツ

Snd|エスエヌディ(イギリス

Funkstorung|ファンクストロング(ドイツ

Rechenzentrum|レチェンツェントラム(ドイツ

Alva Noto a.k.a. Carsten Nicolai|アルバ・ノト a.k.a. カールステン・ニコライ(ドイツ

Patrick Pulsinger|パトリックパルシンガー(オーストリア

TELCOSYSTEMS|テルコシステムズ(オランダ

PARDON KIMURA|パードン木村(日本)

Enlightenmentエンライトメント(日本)

Motohiko Odani|小谷元彦(日本)

Naohiro Ukawa|宇川直宏(日本)

groovisionsグルーヴィジョンズ(日本)

Marok [Lodown]|マーロック [ローダウン](ドイツ

karl kliem [Dienststelle/Meso]|カール・クリーム [デイーンストステーレ/メゾ](ドイツ

Dextro|デクストロ(オーストリア

Kouta Ono|小野 浩太(日本)

Karl Kliem [Dienststelle/Meso] |カール・クリーム [デイーンストステーレ/メゾ](ドイツ

Ryoichi Kurokawa|黒川良一(日本)

Masakatsu Takagi|高木正勝(日本)

portable[k]ommunity|ポータブルコミュニティ(日本)

Jan Van Nuenen|ヤン・ヴァン・ヌーネン(オランダ