SR400

一般

SR400

えすあーるよんひゃく

ヤマハ発動機が製造、販売しているオートバイ

XT500のエンジンをベースに、ショートストローク化して日本の運転免許区分に対応した400ccのエンジンを搭載。

様々なカスタムパーツが販売されており、カフェレーサーなどのベース車として用いられている。

1978年に発売されて以来、2008年まで基本設計とデザインを変更せずに販売し続けたロングセラー車種。一度は生産終了となったものの、排ガス規制に対応した設計変更を加えて2009年末に再び生産が開始。

2012年度グッドデザイン賞の特別賞である「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞している。